どっぷりMTG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのZZWドラフトと2010シーズンの抱負

新シーズンに向けて早速、ワールドウェイク入りのドラフトをしました!

最初のうちは得るものが多いので、自分が参加したドラフトの簡易記録をしていきたいと思います


1月31日(日)初めてのZZWドラフト

参加メンバー:はるる、ナベ、マッキー、川崎さん、デブ、あんちゃん、フジシューさん、真木さん→3回目はヤソと交代


1stドラフトの自分のデッキ

P1310035_R.jpg

【成績】2勝1敗
【雑感】レアの頌歌とコーの空漁師のシナジーやばい。そして頌歌自体わりとボム。青白のレア土地もわりとボム。
各種ゼンディコンがある為、バウンスの点数が上がった!5マナ3/3先制攻撃は微妙。たまに輝く。

※「ボム」は爆弾カードの事です。    


1stドラフトの3-0デッキ(ナベ)

P1310039_R.jpg

【雑感】鹿4枚からのファッティ&レアのフィニッシャーデッキ。強そう。微妙なクリーチャーのところが除去に変われば理想のデッキのひとつかも。


2ndドラフトの自分のデッキ

P1310041_R.jpg

【成績】2-1
【雑感】3-0も結構ありそうなデッキ。テラストドンは出たら勝つ。そして緑なら結構出るから高得点。


2ndドラフトの3-0デッキ(デブ)

P1310044_R.jpg

【雑感】また鹿が3枚も。まだ分からないけど鹿の点数が上がったのかもしれないという事を意識したほうが良さそう。他の部分は自分のデッキが弱くなった感じ。


3rdドラフトの自分のデッキ

P1310047_R.jpg

【成績】1-2
【雑感】全体のカードプールが弱めで、ドラフトが終わった段階では(かなり良いデッキがドラフトできた!)と思った。結果はたくさん事故って1-2。青はワールドウェイクのコモンが弱いから不人気な卓が結構ありそう。


3rdドラフトの3-0デッキ(あんちゃん)

P1310048_R.jpg

【雑感】このデッキ3-0は凄い!弱いカード入りすぎ(笑)卓のカードプールが弱かった中で、長引いて強いカードが複数枚入っていた事が大きな勝因だと思う。《墓穴までの契約/Grave Pact》付き5/4飛行のレアは少し重いけどかなり強い。




2010年の抱負

再来週末、GPオークランドからプロとしての2010シーズンが開幕します。


今年達成する事

シーズンの最後にある世界選手権でダブル受賞する!

POYを獲りつつ、殿堂入りする。


プロツアーに初めて出てから10年も立たないと入れないマジック殿堂に、現役1位で入るのはカッコイイ!
そして、シーズン中の活躍が一番であればそれは叶う!これはやれる!やる!!!


晴れる屋のほうは頼もしい仲間が増えてきたので、僕は去年よりも沢山マジックします!そして沢山勝ちます!

応援よろしくお願いします





テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

「Magic:The Gathering Meets mixi」

日本で一番有名なコミュニケーションサイト「mixi」

我らが「Magic the gathering」

この2つがコラボし、mixi内にマジックの公認コミュニティができました!

mixiを利用されている方はこちらから見れます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4357685

これは、ひとことで言えばマジックをつくっているウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の日本市場における販促活動のひとつだと思います。もちろん、mixiのプロモーションにもなりますが。
で、ユーザー全般はもちろんの事、
初心者、初級者、マジックに興味がある人などに対して、特に優しい場所を目指していくようです。

僕はこの活動を心から応援します!

この素晴らしいゲームの業界のさらなる広がりを見たいし、もっと言えば業界とかそういう枠をぶち破って様々な人に愛されて欲しいと思う。

今まで、とにかくマジックは入り口が狭かった。これは大きな課題だったと思います。
そもそもマジックを知らない人に対するプロモーションが弱かったと思うし、せっかく始めてみても複雑なルール等にくじける人が多かった。

特にプロモーションの弱さに関しては、自分はウィザーズや代理店の人というわけでもないのになぜか、日本におけるマジック人口を増やす為にはどうしたらいいか考えたあげく、
「女の子がとにかくモテる業界!男の子選び放題!」
というキャッチフレーズで、まずは腐女子&非モテ層の女の子に宣伝し、とにかくほとんど未開拓だった女性を増やし、両性別に広がりやすくするといった邪道な作戦に行きついてしまう事があったぐらい(笑)

で、それと比較するとよく分かるのですが、今回の企画はとても良いと思います。
mixiという多くの若者、準若者が利用する場所でやる事によって、マジックを知らなかった人の目につきやすいし、初心者に優しい場所をつくろうとしているので、うまくいけばマジックの入り口がグッと広くなります。
なんとなく、コストパフォーマンスも良さそうな感じがします。

で、これがうまくいくかどうかは皆さん次第。
みんなでこの企画に乗っかってみませんか?

マジックプレーヤーの人数が増える事は皆さんにとって良い事です。
対戦できる相手が増えます。
需要が増えれば大会が増えます。
もっとメジャーな趣味になります。
その他にも色々なメリットがあると思います。
逆に、新規参入者が少なくてプレーヤーの数がどんどん減っていくと、
最悪、新しいエキスパンションが発売されなくなり、マジックの楽しさが大きく減ってしまうでしょう。

そこで、一緒に「Magic:The Gathering Meets mixi」を応援してみませんか?

現状どうやって「Magic:The Gathering Meets mixi」(以下MMM)を応援していけばいいのかを僕なりにまとめました。

すでにmixiアカウントがある人
まず、MMMに登録!
時間がある時だけでかまいません、誰かが何か質問している時、分かる事なら教えてあげましょう!
今後アンケートなどの誰でも参加できるトピックがあった場合に進んで参加しましょう!

mixiアカウントが無い人
mixiに登録しましょう!  http://mixi.jp/home.pl 
※mixiは友人との交流をさらに深めたり、新たな人との出会いのきっかけになったり、かなりの量のマジックプレーヤーがいたりするので、今回の話は別としてもオススメです。
次に、MMMに登録!
時間がある時だけでかまいません、誰かが何か質問している時、分かる事なら教えてあげましょう!
今後アンケートなどの誰でも参加できるトピックがあった場合に進んで参加しましょう!

初心者の人・何か分からない事がある人(時)
とりあえずMMMに参加し、マジックで分からない事があればガンガン聞いてみて下さい。
そのひとつひとつが、あなたのマジックライフの役に立つのはもちろんの事、MMMとマジックへの貢献になります。

これは応援する人全員

マジックをしている人、マジックに興味がある人にMMMの存在を積極的に伝えてください。


たったこれだけ。
もちろん、MMMの為にできる事はもっとあるかもしれませんが、
基本はたったこれだけでいいと思います。
本当に、ひとつひとつは小さな力でいいんです。
でもそれが集まれば、マジックが発展していく上で大きな力になります。

あなたの力がマジックの力になります。

以上。
よろしくお願いします。


ちなみに僕のmixiアカウントはこれです。(mixi入ってないと行けません)
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1625227
色んな人と仲良くなりたいと思っているので気が向いたら気軽に絡んじゃって下さい
プライベート用で使っているので忙しいと全く日記を書かなかったり、メッセージ返信など遅かったりはしますが


あと、すでに知っている人も多いとは思いますが、
マジックの日本語版公式サイトが復活しました!
これは凄く嬉しい事ですね

http://mtg-jp.com/


ではまたー

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

プレリ行ってきました!

テンペ
サーガ
メルマス
アラビー

その名を省略されるセット達。

ネメシス
レギオン
ミラディン
ローウィン

フルネームで呼ばれるセット達。

新入りさんはどうだろう?
コンフラorコンフラックスどっちだろう?
ちなみに6文字しかないアポカリプスはアポカリとアポカリプスで両方使われたのに対し、コンフラックスは7文字。ならば省略される可能性のほうが高いっ!?

でもコンフラは微妙。コーンフレークみたい

うーん・・・

おっ これいいんじゃない?

「コフラクス」

・・・っておい!クリーチャーかよ!なんかモストドンの友達にいそうやし!!


はは
あっさり忘れちゃって下さい


行ってきました!コンフラックススーパープレリリーストーナメントin渋谷フォーラム8!
・・名称長っw

午前中はカジュアルトーナメントに出場して。3-1
普通のデッキ、普通の試合で特に皆さんにお伝えしたい濃い内容はありませんでしたが、2週間ぶりにマジックのゲームが出来て楽しかったです
一勝する度にもらえるパックを取りに行く時に、久々にゲーム出来て嬉しい&そのゲーム勝てて嬉しい気持ちでめちゃ笑顔でいたら、何でそんな凄い笑顔なんですかと突っ込まれました。

やっぱり長い時間会えないでいると自分の気持ちが確認できる。
マジお前の事愛してるよマジック

で、夕方からはコンフラックス1つ使用のパックウォーズによるガンスリンガーをやらせて頂きました☆

パックウォーズのルール
一人ひとパックを開封。
裏向きのまま平地3、島3、沼3、山3、森3を加えシャッフル。(この際トークン、広告カード等は抜く)
この30枚で対戦。通常のマジックと同じで初手7枚、ライフ20点。
一度のみフリーマリガン可能。(マリガン後7枚、その後も通常のマリガンが可能)

正直、代理店がもっとパックを売る為に苦し紛れにつくった遊びかたという認識でした。
が、今日初めてやったら案外面白くてビックリ
そりゃあ1パックしか使わないから内容次第なところは多いし、5色だから事故も多くて運の要素は高いけど、20分ぐらいあれば終わるし、最初デッキに何が入ってるか分からないから結構盛り上がる
ドラフトのメンバー集まるまでの待ち時間や、草大会のお昼休みなどに気軽にできるので是非やってみて下さい。

おまけ
☆コンフラックスパックウォーズ攻略ポイント☆
・後手を取る
・マリガン一回目はフリーなので、普段の感覚でやらず、よく考える事。


アラビーは大ウソ

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

次の土曜日渋谷でおっきいプレリ!

250人受け入れられる会場でやるらしいです

詳しくはここで→ 

『コンフラックス』Worldwide Regional Prereleases in 東京
http://umenao.diarynote.jp/200901262246478274/

普通にプレーヤーとして午前の部に参加しようと思っていますが、その後パックウォーズによるガンスリンガーをやるので、当日タイミングが合ったら一緒に遊んで下さい
今忙しいぶん、当日は新しいセットを思いっきり楽しもうと思ってます

ネットショップを始めるのは思ったよりも凄く大変で、今日も友達3人手伝いに来てくれましたがもう少しかかりそうです

これから所用で実家の福島に帰るので、告知&近況報告だけで失礼します。


気がつけば 免許の期限 切れてるる

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

第2のカイブッディ現る!?

PTベルリン  優勝  (参加者454人)
GPアトランタ  優勝  (参加者684人)
GPオークランド  12位  (参加者254人)
2008世界選手権  11位  (参加者329人)
GPロサンゼルス  優勝  (参加者834人)

彼は最近出場した5つのトーナメントで誰もが驚愕する成績を残した。

彼の名は「Luis,Scott-Vargas(ルイス・スコット・バーガス。以下ルイス)」
ニックネームはLSV、アメリカのトッププレーヤーだ。
彼は名実共に、相棒のポールチョンと一緒に現在のアメリカを牽引している存在であり、沢山のプレーヤー達に頼りにされている。
また、筆者はルイスと3回程対戦しているが、試合中の彼の言動は非常に爽やかだ。
ハッキリとタップし、ハッキリと宣言するし、つまらない事でジャッジを呼ばない。そしてもちろん試合が終われば笑顔で握手し「Good Luck!」
当たり前の事かもしれないが、彼はそれをお手本のようにできる人。皆に模範とされるべき部分を持っている。
だが、とびきり強いプレーヤーなのか?上手いプレーヤーなのか?と聞かれたとすればどうだろう?

今ならば「モンスター!」と答えるかもしれない。
だが少し前までは「それなりにできる奴」程度に思っていたのもまた事実なので、自分視点での彼について振り返ってみたいと思う。

2006年夏アメリカ選手権優勝で初めてルイスの事を認識する。
(でけえ。そういやこいつよくプロツアー来てるな。)

2007年秋GPクラカウで対戦。種目はスタンダードでこちらは黒緑のプレインズウォーカーコン、ルイスは青白のピクルス(変異クリーチャ2種類のコンボによる土地ロックデッキ)
対面した状態で見ているぶんにはプレイミスはなかった。ルイスが3ゲーム共1ターン目ビジョンスタートで負け。
デッキはポール・チョンが同じものを使って優勝したから強かった可能性が高い。
(ポール・チョンとルイスはコンビなのかな?2人共縦横にデカイし、同じスポンサーTシャツ着てるし)

~時は流れ相棒のポールだけが勝ちまくる&一回対戦。
(ルイスはたいした事ないんかな?こないだ当たった時もプレイは正しそうだったけど)

そして、PTベルリン。
ルイスは決勝トーナメントにギリギリ8位抜けで進出。ただ、デッキリストを見る限りでは、トップ8で一番不利な構成のエルフ。準々決勝で予選ラウンドにエルフを食いまくってきたテゼレッターと対戦。エルフが6人のトップ8だったので、当然本命。そして大穴VS本命の戦いは大穴ルイスの勝利。
準決勝、エルフに相性のいい構成のエルフを使う筆者と対戦。大穴VS対抗、勝負所の5セット目後手2キルで大穴の勝ち。
ルイスはその勢いのままもう一度エルフを倒して優勝。
(今回あの構成で優勝するのは本当に凄い!もちろん運は良かったのだろうけど、あいつプレイ上手いんだな!少なくともエルフに関しては間違いなく上手いんだろう。)

GPアトランタ。
今回はリミテッド。決勝ドラフトで素晴らしいデッキをドラフトしたルイスはプレミアイベント2連続優勝達成。
思わず「おめでとう!すげえな!カイブッディじゃん!」と冗談交じりに言ってしまう。
(プロツアー優勝してちょっと気ぃ抜けたりないのかな?こいつは運やプレイだけじゃなくマインドも強いのかも。もしくは優勝して精神的に勢いにのって集中力が上がっているのかも。)

GPオークランド。
遠くニュージーランドで12位。
(まあ参加人数少ないし、オセアニアのプレーヤーはあまり強くないしルイスならこれぐらい当然か)

彼の母国アメリカでの開催、2008世界選手権。
2日目までで7-5だったものの、3日目エクステンデッドを白鳥アサルトで全勝し、11位。
(ん?また結構勝ってる。ノッてるなあ!最近の平均成績高すぎ!)

GPロサンゼルス。
彼はデザイアストームを選択。今ならアリかもと思っていたデッキだった上に、当日メインに《もみ消し/Stifle》や《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist(ALA)》を取っているプレーヤーが少なかったのでアイツまた勝つかもなって気がした。
初日落ちした自分がトレードに専念していた日曜日の夕方、ルイスが仲間とにこやかに歩いていた。
はるる「もしかしてまた優勝した?」
ルイス「イエス!ハハー^^」
はるる「ええー!おめでとう!お前マジでカイブッディ!!」
ルイス「センキュー!ハハハハハ!」
彼はさらににこやかになり、仲間と一緒に笑いながら去っていった。

・・・ここで本気で思った。

こいつは本当に第2のカイ・ブッディかもしれない!

なぜなら、ここ最近の5回のトーナメントの成績が凄まじいだけでなく、今回のロス優勝は、デッキ選択、運、プレイ、マインドと、全てが揃った上での完全勝利だったように思えたからだ。
過去の対戦、一緒にチームドラフトをした時のプレイを振り返ってみた上ても、彼が下手だと思った事は一度も無い。
彼が勝てなかった日々はただ、運に恵まれず、精神的にもまいっていたのかもしれない。
その2つがベルリンを機に覚醒し、現在の状態があるというのが筆者なりの見解。
もちろん前者の「運」というのはその時その時。
だけど、ノッているとモチベーションは絶えないものだし、奴はまだまだここから強くなっていく。そう思っている。

ルイス・スコット・バーガスの「進め!カイ・ブッディ街道」

もちろんこのまま黙って見守る気は毛頭無い!

触発されてモチベーション上がってるる




・・・とかそんなもんじゃねー!うおおおぉ!やるぞー!!!




テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。