どっぷりMTG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPハノーバー

行ってきました

それどこ?ミュンヘンとかフランクフルト、ハンブルグ、ベルリンなんかは知ってるけど・・・
って感じのハノーバーに。
郊外のコンベンションセンターでホテル併設な感じのところでのGPでした。

種目はエクステンデッド。
コンフラックス出た時の「めっちゃ強化されたじゃん!」という印象そのままに、ZOOを選択。

デッキリストはこんな感じ。

「Naya Zoo」 2009 GPHanover Tomoharu Saito

4《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4《密林の猿人/Kird Ape》
4《モグの狂信者/Mogg Fanatic》
2《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3《長毛のソクター/Woolly Thoctar》

4《流刑への道/Path to Exile》
3《炎の印章/Seal of Fire》
4《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2《火葬/Incinerate》
2《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》
3《火山の流弾/Volcanic Fallout》

4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1《寺院の庭/Temple Garden(RAV)》
1《山/Mountain》
1《平地/Plains》
1《森/Forest》

★サイドボード★
4《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
3《法の定め/Rule of Law》
3《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3《狩りの興奮/Thrill of the Hunt》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《火山の流弾/Volcanic Fallout》

「強化されたじゃん」
と感じた部分の《流刑への道/Path to Exile》と《火山の流弾/Volcanic Fallout》は
エクステンデッドでも大活躍
全体的には、まだ伸びがある構成だと感じました。

簡単に対戦成績を書くと

vsフェアリー 4勝1敗
vsZOO    2勝
vsローム   1敗1分
vsデザイア  1敗
vsエルフ   1勝
vsランデス田舎タルモ  1勝

それに3バイが加わり、11勝3敗1分で21位でした。 プロポイントは2点。

最終戦ひとつ手前、あと2勝すればトップ8というところで相性が一番悪いデザイアを踏んで残念という感じでした。メインも《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》無しと、割り切っていた相手だったので仕方ないかなって感じです。
ミスらしいミスもなかったし、今回の試合に対して特に時間を使ったわけではないので、良しとします

それよりも今週末のGPシンガポールのほうが勝負所
直前にGPに出ているわけですから、その経験を生かして勝ちにいきます!

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

コメント

いつも楽しく拝見させていただいてます。

ところで、サイドボードの狩りの興奮は何のための対策カードなのでしょうか?
お答えいただけますとうれしいです。

シンガポールがんばってください!

  • 2009/03/17(火) 21:53:20 |
  • URL |
  • 佐々木 #-
  • [ 編集 ]

佐々木さん>

書き込みありがとうございます^^
狩りの興奮は基本的には同系対策です。
自分のクリーチャーを敵の火力から守ったり、近いサイズのクリーチャー戦に勝てたりというのが2回できますe-53(フラッシュバック付きなので)

  • 2009/03/18(水) 20:12:00 |
  • URL |
  • はるる #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harurumtg.blog41.fc2.com/tb.php/27-ffe96179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。