どっぷりMTG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPポートランド/Eternal Festival Tokyoでトレードブースやります!

DSC00004_convert_20100914205906.jpg

西海岸オレゴン州にあるポートランド。3連戦最後に優しい、直行便で行ってきました。
緯度的には北海道の1番上と同じぐらい、すでに最高気温14度がぐらいの涼しい(寒い)場所でした。
写真は今回の会場の上部。かっこいい。コンベンションセンターとは思えないですね。

M11は久々に沢山ドラフトしました。MOを合わせると50回以上やったと思います。
POYレース的にはBlad Nelsonに逆転されてしまったし、今回は好成績を残したいところ。
参加者は1370人。最近は本当に人が増えました。
いつも通り、初日のシールド9回戦で足切りした後、シールドの10回戦目をやるとの発表がありました。

そんな中貰ったパックはパッと見た感じ「結構強そう」
で、こんなデッキになりました。

DSC00009_convert_20100914211258.jpg

ざっくり言うと、ガラクかオーバーランで勝つデッキ。
ボムこそあれど、ドローとマナが多く、クリーチャーの質があまり良くないので、デッキが薄めというのが少しネガティブ。
まず、3バイ空けの最初の3回戦で3-0。でも、苦戦しつつも何とか3-0といった感じ。
それから0-2。1回はギリギリの試合で逆にオーバーラン打たれて負け。1回は除去沢山&《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar(M11)》&《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess(M11)》の神赤黒に負けました。
9回戦、そこそこの白黒に何とか勝てて7-2で初日抜け。

2日目の朝、シールドの10回戦で同じ青緑のもっと強いデッキにあっさり負けて7-3。

DSC00010_convert_20100914212641.jpg

構築ミスってました。画像上の4枚の代わりに、下の4枚を入れるのが正解だったかなと思います。
やっぱりデッキが薄かった。これらの白のカードはサイド後に入れる事が多かったです。
前回のGPでの反省が、「もっと欲張るべきだった」だったのに、また同じ反省になってしまいました。
欲張りきれなかった。
ドラフトを待たずして、早くもトップ8の目がなくなってしまったわけですが、それはそれとして1点でも多くのプロポイントを取るべく、沢山練習してきたドラフトへと気持ちを向けました。

1回目のドラフトデッキ
DSC00006_convert_20100914213327.jpg

2枚の《火の玉/Fireball(M11)》&《思い起こし/Call to Mind(M11)》で1ゲームに最大3発も《火の玉/Fireball(M11)》を打てるコントロール気味のデッキ。見るからに苦手そうな白系ビートダウンの強いデッキに負けて2-1。他2回は圧倒的な感じで勝てました。

2回目のドラフトデッキ
DSC00007_convert_20100914214718.jpg

赤単!!!1パック目初手で緑の《強情なベイロス/Obstinate Baloth(M11)》からスタートしたドラフトでしたが、3手目で《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M11)》から赤の流れが良く、9手目以降で《溶岩の斧/Lava Axe(M11)》を3枚も取れたので赤はガラ空きだからなるべく寄せようと思ってたら結果単色に。
《ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain(M11)》が大好き。赤が弱いこともあって強さの割に回ってきやすいから狙いやすい。酋長がいると最後の頃取れる《ゴブリン気球部隊/Goblin Balloon Brigade(M11)》がエースになれる。
きっかけは晴れる屋でドラフトする時、メンバーが足りなくて入ってもらった人に酋長2枚とゴブリン3体で4ターンキルされた事でした。
ただ、緑のカード5枚、青のカード1枚を犠牲にしている事もあり全体的には微妙なデッキ。
でも酋長パワーでなんとか2-1する事が出来ました。

シールド7-3(バイ含)、ドラフト4-2でなんとか64位に滑り込み、プロポイント1点獲得。

毎シーズン、リミテッドが足を引っ張る。
なぜそうなるのか、大きく分けると2つ要素があると考えています。

・構築戦よりリミテッド戦のほうが運要素が高い。(ランダム性が多い)
・構築戦よりリミテッド戦が苦手。

前者はどうしようもないとして、後者はもっと意識しないとならない。
今回で言えば、意識的にいつもよりドラフトの練習はしてきたけど、シールドの環境把握が足りてなかった。
「欲張りきれなかった」2回とも同じ反省になっているのがその証拠。

新セットのミラディンの傷跡では5回もリミテッドGPがあります。
シールドも、ドラフトも、プロ達にやりすぎと言われるぐらいやろう。色んな人と沢山話して行こう。
それと同時に世界選手権に向けてスタンダード等も軽く触っていこう。

POYへのラストスパート頑張ります!
獲るっつったら獲る!!!


もうすぐEternal Festival Tokyo !

Eternal Festival Tokyo
9月20日東京で開催。日本最大級のエターナルイベント!

それと、エタフェス前日祭の情報はコチラ→http://73714.diarynote.jp/201009042152365993/

当日、齋藤友晴トレードブースをやらせて頂きます!

☆今回のウリ☆
・デュアルランドやパワー9等の高額カード多数持っていきます!
・「ヘビプレ・サインド・スタンプ」バインダー充実!

この機会に是非、不要カードを奮ってお持ちください!

トレードブースについての詳細は「続きを読む」をご覧下さい。

齋藤友晴トレードブース

【イベント内容】

不要なカード等を持ち寄って頂いて、必要なカード、欲しいカードを持ち帰って頂くというシンプルな内容です。

1:不要カード、価格が知りたいカードを提示して頂き、それらに対して金額を提示させて頂きます。
2:その金額で提供希望のものがあれば、その金額分こちらのカードの中から選んでお持ち帰り頂けます。
※一部予め金額を提示しておりますが、特に表記の無いものについてはお気軽にお尋ね下さい。
※トレードの便宜上、カードの価値を「金額」で提示させて頂きますが、現金の授受を伴うトレードは行っておりません。ご了承下さいませ。

☆マジックのカード何でも引き受けます!コモン、アンコモン、FOIL等もお気軽にお持ちください!
☆当日は提供用のカードを大量にご用意いたします!
☆朝から晩まで、開場より閉場までおこないます!
(但し、複数回の休憩時間をいただきます、ご容赦下さい。)

普通のトレードとなんら変わりありません。大きく違うのは、普段トレードで出しにくいコモン、アンコ、クソレア、クソFOIL等がまとめて出せるという点、それから、選べるカードの種類が多いという点です。是非、有効活用しちゃて下さい。

晴れる屋×龍王戦のトレードブース風景



テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

コメント

こんばんは。

GPポートランドお疲れ様でした。
確かに1回目のシールドは、タッチダブルシンボルまでして、カードパワー重視で行くべきだったかも知れません。
初回に組み上げたデッキでも、ある程度のカードパワーがあり、勝ち手段がありますが、配布されたプールに十分な量のドローとマナ補正カードがあるので、多色化するべきだったと思います。

とは言え、僕はプール全部を知っている訳ではありませんし、トモハルさんが既に本番から得た結果から反省点を抽出して下さっているから言える事かも知れません。
GPと言う場で、僕が同じ答えにたどり着けたかはかなり怪しいところです。

POY獲得に向けて頑張って下さい・・・としか言えませんが、応援しています。
頑張って下さい。

  • 2010/09/16(木) 21:37:55 |
  • URL |
  • bun #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harurumtg.blog41.fc2.com/tb.php/148-1931cb1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。