どっぷりMTG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPオークランド

こんにちは。

僕は今アメリカにいます、シーズン最初のGPが終わり、翌週にPTが行われるサンディエゴに移動した所です。

GPではトップ8に入る事ができ、それなりに良いスタートを切れました。
種目は3月のGP横浜や、今のPTQ種目と同じエクステンデッド。
僕が今までで一番結果を出している種目でもあります。

今回使ったのはこんなデッキです。


Tomoharu Saito - Hypergenesis Top 8 Grand Prix Oakland 2010, Extended

Main Deck

1 Calciform Pools
3 Forbidden Orchard
1 Forest
3 Fungal Reaches
1 Gemstone Caverns
4 Gemstone Mine
4 Reflecting Pool
4 Tendo Ice Bridge

21 lands

4 Angel of Despair
4 Bogardan Hellkite
4 Progenitus
1 Sakashima the Impostor
4 Simian Spirit Guide
4 Terastodon

21 creatures

4 Ardent Plea
1 Demonic Dread
3 Hypergenesis
3 Oblivion Ring
3 Thirst for Knowledge
4 Violent Outburst

18 other spells


Sideboard

2 Firespout
2 Ingot Chewer
4 Leyline of the Void
3 Ricochet Trap
2 Sakashima the Impostor
2 Shriekmaw


いつものように画像じゃないのは旅の台所事情なのでご容赦下さい^^
英語名のみという部分も今回はご容赦下さい><

ZOOとハイジェネ(Hypergenesis)の2候補から、ハイジェネを選択しました。
理由はいくつかあって、

1:PT直前でGPの練習に当てる時間が取れず、新しい強いZOOをつくる事が非常に困難であった。
また、メタゲームが読みにくい状況だとソリューション系のZOOを組むのは難しい。

2:それでもZOOは強いが、その強さ故、沢山いそうだからデッキ差の無い勝負をしたくなかった。

3:そんなZOOに超有利で、実はテラストドンで大幅強化されているハイジェネに魅力を感じた。

4:前日のGPTを見てたらハイジェネがほとんどおらず、マークが甘いだろうと予想した。

5:「齋藤はどうせZOOだからこのハンドいけるだろっ!」キープに対する奇襲効果。

6:プレイが簡単そうだから練習無しでもそこまで問題はないだろう。

等の理由でした。
結果として、このタイミングにおいては、凄く良いデッキ選択だったので勝てました。
しかし、理由の6番目は嘘でした。この週末、僕は明確なミスプレイを4回もしました。
個人的にはハイジェネは練習無しだと結構難しいデッキだと思います。
特に、超起源が解決した後は、テラストドン、ヘルカイト、天使、リングについては対象をそれぞれ選ぶわけですが、
複数についてそれぞれの対象を考えたり、スタックを積む順番によっては得する事が出来るので、スタック順を考えたりを全て1度のタイミングで行わなければならないのは時間無制限のルールでなければ難しいです。
普段使うようなデッキと類似していないデッキを使う時は要注意ですね。

ちなみに、テラストドンと忘却の輪は揃って出ると偉いです。気になる人は考えてみて下さい。
対象とスタック順をうまく使う事で、プチコンボとデカコンボの2パターン出来ます。

現在のハイジェネのデッキパワーはかなり高いです。
しかし、メタられてるタイミングだとボロボロに負ける可能性もあるデッキです。
何デッキを使うにしても、その気になればメインかサイドに虚空の杯4枚取れますし。
使うタイミングが重要なデッキだと思います。

以上、ハイジェネ雑感でした。


プロツアーに向けて、ひたすらスタンダードのデッキを考えてるんですが、一歩抜きんでるのが難しい環境です。

面白いじゃないか♪

悔いの無いよう頑張ります!

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。