どっぷりMTG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTホノルル

CAM1B481.jpg

2回目のPTホノルル。

限定構築8-2

ドラフト3-3

25位でした。前回のPTと同じ順位

プロポイントは6点。

限定構築は良いデッキを使えたと思う。
ジャンド、ナヤジャンドなどの続唱系デッキがとにかく強すぎて、かなりの割合いると思ったからそこに的を絞った。他のデッキもいるにはいると思ったけど基本的には続唱メタのデッキだろうと思った。
続唱デッキと続唱メタデッキしかいないだろう、つまりはジャンケンで言えばグーとパーしかいないであろうと。その状況でパーを使わない手はない。
で、パーの選択肢の中で試行錯誤した結果、白緑のソリューション的なデッキが出来た。
《ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant(CON)》は2/4というサイズが血の編み髪エルフ、トリナクスに強く、プレイしても手札が減らない為、荒廃稲妻、各種除去にも耐性があった。

ドラフトデッキは2回ともそこそこのエスパーだった。
ドラフティングでもっとなんとかなったと思う。
少し練習が足りてなかった。これは他の事を優先した結果だから仕方ない。

このPTで一番印象に残っているのは、最後のひとつ前のラウンドに
ナシフに完全に呑まれて負けたこと。
その瞬間は、ああこんなに強い奴がいたんだって思った。
ミスって負けたというか、ミスらされて負けたというか。

要因として考えられる事はいくつかあって、もともとナシフを認めていて意識しすぎた事、昼飯を食べていなかった事、相手のほうがフューチャーマッチがホームグラウンドだった事などが考えられる。
ただ、一番直接的な理由は、ナシフが強いという事。現状は格上だと認めるしかない。

予選ラウンド16回戦が全て終わった後、ナシフのところに行き
「ありがとう!お前みたいな強い奴が、まだトーナメントシーンにいてくれてハッピーだよ!絶対越えるからよろしく^^」
と伝えた。実際ハッピーだった



CA7SRBDX.jpg
ハワイで撮ったロータス



で、その後のGPサンパウロは行けませんでした。
自分もナカシューも、ブラジルに行くのにビザが必要な事に気がついていませんでした。
様々な可能性を模索するも、コストとリスクが大きかったのでキャンセル
初めてのブラジルに行けなかった事はとても残念。


また、帰国後日本人のプロツアー参加者2人が新型インフルエンザに感染したとの報告を受けました。
少し体調に違和感を感じたので、念のため保健所に連絡&病院へ行き検査。
で、見事に感染していました 
1週間ほど自宅から出ずに療養&仕事といった感じです、晴れる屋の営業はお休みをいただきました。

試合が落ち着いた後だったこと、症状が軽かったこと、自分経由の感染が今のところ無い事などが不幸中の幸いです。

とりあえず無理はせずに完全に回復させてから、また頑張っていこうと思います



テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。